Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

事故と補償のケーススタディー一覧

【重要】事故の相手が任意保険なしの場合の補償賠償の詳細と補償範囲

自動車事故をした時に相手が任意保険に入っていなかったり任意保険の有効期限が切れていた場合は強制保険である自賠責保険で補償されます。相手が任意保険に未加入のケースでも『人身傷害補償保険』に加入していた場合は『相手が無保険であっても補償される』ため保険金を受け取れます。ただし自分の保険に人身傷害補償保険があるのが条件です。

【プロ直伝】車が盗難された場合は車両保険で補償される?

結論から先に書くと、自動車が盗難にあった時は車両保険に加入していた場合は、車が盗難された場合は保険金が支払われます。「一般型」でも「エコノミー型」でも補償されます。車両保険なしの場合は盗難時には保険金は一切支払われません。【車両保険付きで安い保険会社】も合わせて紹介!

【保存版】自賠責が切れていた時の事故は任意保険で補償される?詳細

自賠責保険が切れていた、自賠責保険の有効期限がうっかり切れていた時に事故をした場合は、『任意保険分は補償されますが、自賠責で補償される分は自己負担(最大4000万円)』となります。示談交渉も自分で行うことになります。同時に、『1年以下の懲役または50万円以下の罰金、反則点数として6点の減点』となります。詳細はこちら