Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【保存版】車上荒らしは車両保険で補償される?車上荒らし対策まとめ

もし車上荒らしに遭った場合でも自動車保険の車両保険に入っていればどのプランであったの車両保険で補償されて保険金が支払われます

車上荒らしでガラスを割られたり、車に傷をつけられたり、鍵穴を壊されたり車両に備え付けられているカーナビやETC、カーオーディオなどの車の装備品も補償の対象です。

「身の回り品補償特約」をつけていた場合は座席やトランクルーム内に積んであった荷物やカメラやパソコン、ゴルフ用品の盗難も補償されます。車上荒らしに遭って保険金を請求するときには盗難の証明が必要となるので忘れずに警察に届けておきましょう。

車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2種類がありますがどちらのタイプでも車上荒らしの被害は補償の対象となっています。

そのため、安い保険料の車両保険でいいのでつけておくことが重要です。

車両保険をつけても保険料の安い保険会社を探す方法は無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことでノーリスクで簡単にわかります。

このサービスを使うと20社の保険会社に対して一括無料見積りができるので契約できる保険会社からは保険料が見積りという形で添付されて返ってきますのでそれで判断します。

武中
フリーメールで利用でき何回見積もりをしても完全無料でデメリットは一切ないので有効活用してみてください。プロでも使っている優良サービスです。

車両保険なしの現在契約中の自動車保険(任意保険)よりも2〜5割程度保険料が安くなるのが普通です。

これは、代理店を使わない保険会社との直接契約方式なので中間マージンがかからないからです。

武中
ここで車上荒らしにあっても補償される自動車保険の車両保険の詳細と車上荒らしも補償してくれる車両保険を安い保険料でかける方法を詳しく紹介します。

車上荒らしは自動車保険の車両保険で補償される

車上荒らしは自動車保険の車両保険で補償されます。車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2種類がありますがどちらのタイプでも車上荒らしの被害は補償の対象となっています。

車上荒らしは年間6万件以上発生しており空き巣より2倍の件数が発生しています。

事故や災害の種類一般エコノミー
(車対車+A)
エコノミー
(車対車)
他車との事故対応対応対応
自然災害(洪水・台風など)対応対応非対応
火災・爆発対応対応非対応
イタズラ・盗難対応対応非対応
落下物・飛来物対応対応非対応
動物との衝突事故・接触事故対応非対応非対応
車上荒らし対応対応対応
自損事故対応非対応非対応
当て逃げ(相手車不明)対応非対応非対応
自然災害(地震・噴火・津波)非対応非対応非対応

車上荒らしで車両保険を使うと翌年1等級ダウンする

車上荒らしで車両保険を使うと1等級ダウン事故として扱われるため翌年1等級ダウンします。

たとえば車上荒らしで修理代の安いサイドガラスだけ割られて何も盗まれなかった場合などは、損害額が1等級ダウンによって上回る保険料のアップよりも安い場合は実費で修理をしたほうが損をしません。

車上荒らしに遭った時はまず修理工場で修理費用の見積もりを取ります。その見積もり額と、1等級ダウンした時にアップする保険料を比較して修理費用のほうが安ければ実費で修理をしたほうが得になります。

1等級ダウンしたことによるアップする保険料は保険会社の担当者にお願いすると算出してもらうことができます。修理工場での修理代を聞いてから車両保険をつかうかどうかを決められます。

保険会社の担当者には修理費用の見積もりが出てから保険を使うかどうか回答する旨を伝えておけば問題ありません。

車上荒らし対策は6箇条と車両保険への加入が重要

  1. イモビライザなどの盗難防止装置を装着する
  2. 車内に貴重品やカバン、服やパソコン、カメラなどを置かないようにする
  3. 見通しがよく照明設備のある駐車場を利用する
  4. 短い間でも車から離れるときは必ずキーロックをする
  5. カーナビの盗難対策をする
  6. 「身の回り品補償特約」に加入しておく

出典:「愛車を「盗難」「車上ねらい」から守る基本5箇条」(一般社団法人 日本損害保険協会)

「身の回り品補償特約」は座席やトランクルーム、キャリアに積んであった荷物が盗難された場合でも補償される特約になります。キャリアに固定されたキャンプ用品やスキーの板、スノーボードも補償の対象になります。

これらの補償はすべて自動車保険の車両保険に加入していないと受けられないものです。そのため必ず車両保険には加入しておくことが重要です

いまは通販型(ダイレクト型)の自動車保険が人気で無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを使うことで車両保険をつけても車両保険をつけてない時よりも保険料を安くすることができます。

車両保険をつけても保険料を安くする方法・裏技

自動車保険には、多くの保険会社がありますが保険会社によって同じ保険の条件や補償内容であっても保険料は大きく異なりますし、条件によっても保険料は大幅に変わります。

車両保険をつてない保険会社の保険料と、車両保険をつけた自動車保険会社の保険料が同じだったり保険料が安くなることも多いのです。

そのため車上荒らしへの対策として、車両保険をつけておくべきです。無料で使える自動車保険の一括見積もりサービスを利用することで、最安で無駄なく車両保険付きの自動車保険に加入したり乗り換えることができます。

自動車保険をかけたい自動車の車検証と免許証があれば5分ほどで見積もり結果が算出されて返ってくるので算出された複数の自動車保険会社の保険料を比較して納得いく保険会社で契約することで大幅に保険料を節約でき安心して車にのることができます。絶対に利用したほうがいいです。

無料で使えるので一括見積もりサービスを使わないのはもったいないです。900万人以上の人が利用して保険料を大幅に安くできている実績があります。ただほとんどの人が知らないで保険会社の言われるがまま契約している人が多いのです。

同じ条件で見積もっているので保険料が安い車両保険付きの保険会社の保険がお得になります。

タイトルとURLをコピーしました