Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【保存版】子供の保険加入で上がる保険料を抑える3つの方法

息子や娘の子供が免許を取得して車に乗るようになると自動車保険に加入しますが、保険の年齢を年齢制限無しに変更した場合、普通に保険の補償内容変更だけでは保険料が大幅に上がります。

しかし保険料を安くする抑える方法があります

結論を先に書くと子供の保険加入で増える保険料を抑える3つの方法は「1.親から子供に保険の等級を引き継ぐ」「2.免責金額を高めに設定する」「3.無料の一括見積もりサービスを使って安い保険会社を選びさらに割引を適用させる(裏技)」です。

新車や中古車を購入して何も知らないで新規に保険をかけると保険料が高くなってしまいます。

保険料の安い保険会社を選べば、保証内容は同じのままで保険料を抑えることができます。たとえば同じ保険の内容でもこれくらい保険料に違いが出ます。

具体的には保険料が安い保険会社を無料で調べる方法は無料で使える自動車保険の一括見積りサービスを使うことです。

 このサービスを使うとメジャーな20社以上の保険会社に対して自分の保険の条件での一括無料見積りができるので契約できる保険会社からは保険料が見積りという形で添付されて返ってきますのでそれで判断します。
武中
実際に多いのは高い保険料の保険会社と契約しているという恐々です。
武中
完全無料で利用できるフリーメールで利用できるのでプロの私達も他社の保険会社の保険料を調べるのに活用しています。

子供の保険加入で増える保険料を抑える3つの方法・裏技

子供を補償範囲にいれる場合は年齢条件を変更する必要があり、年齢条件は「全年齢補償(18歳,19歳,20歳)」「21歳以上補償」の2つから選べます。

免許は18歳から取得できますが年齢が低いほどどの保険会社であっても運転技術が未熟であるとされ事故をおこすリスが高いと判断されるため保険料が高くなります。

この2つの年齢条件の場合は保険料がかなり高く場合によっては2〜3倍くらい(10万円からそれ以上増加)になることも多々あります。

しかし下記の方法を使うことで保険料の増加を最小限に抑えることができます

子供の保険加入で増える保険料を抑える3つの方法・裏技
  1. 親から子供に保険の等級を引き継ぐ
  2. 免責金額を高めに設定する
  3. 完全無料の一括見積もりサービスを使って安い保険会社を選びさらに割引を適用させる(裏技

>自動車保険(任意保険)の無料一括見積りの手順と方法

親から子供に保険の等級を引き継ぐ

自動車保険では、等級制度(ノンフリート等級制度)が採用されているため、子供に自動車保険をかけると新規での加入になるため6等級からスタートします。

武中
6等級は年齢条件割引が適用されないため保険料がとても高いです。
ぺんぺん
しかし保険の引き継ぎ(等級の引き継ぎ)を使うと保険料を安くできます。

しかし、親や親族が加入している自動車保険があればその保険を子供に引き継いで最初から20等級や18等級などの高い等級からスタートすることができます。

等級は1〜20等級までありますが数年間保険に加入していた場合は等級はそれなりに上がっているはずです。

武中
等級があがると割引が適用されかなり保険料が安くなります。

等級引き継ぎの例(親が20等級、子供が6等級の場合)

子供が新規で保険に加入等級引き継ぎを使用
親の保険料2,970円/月6,690円/月
子供の保険料17,240円/月6,900円/月
合計の保険料21,210円/月15,590円/月

このように等級を引き継がないで子供が新規に保険に加入した場合の保険料はとても高く、等級引き継ぎをした場合はとても安くなることがわかります。

親の保険を子供に等級引き継ぎをして引き継いて親が新規で保険をかけた場合の等級を引き継いだ子供の保険料と新規で加入した親の保険料を合わせた合計額を比較すると等級引き継ぎをしたほうが月に5000円以上保険料が安くなります。

等級引き継ぎをすると年間6万円以上保険料を安くすることができます。

自動車保険(任意保険)の等級の仕組み

1年間事故を起こさなければ毎年1等級ずつ上がっていって最高で20等級になります。どの保険会社も等級によっ保険料の割引が適用されるので7等級から20等級であれば割引きされます。1〜3等級は保険料が割増されます。

 

等級

割引率

等級

割引率

1

52%割増

11

40%割引

2

26%割増

12

44%割引

3

10%割増

13

47%割引

4

1%割引

14

50%割引

5

10%割引

15

52%割引

6

10%割引

16

55%割引

7

23%割引

17

57%割引

8

28%割引

18

59%割引

9

33%割引

19

61%割引

10

37%割引

20

63%割引

等級の上下は下記のようで上下します。

  • 小さい事故の場合: 1等級の等級ダウン
  • 通常の事故の場合: 3等級の等級ダウン
  • 1年無事故の場合: 1等級の等級アップ

免責金額を高めに設定する

車両保険をつけることきには免責金額というものが設定できます。

免責金額とは車両保険を使う時に保険会社が保険金を支払う時に補償をうける方が(自分が)自己負担する金額のことを指します。

例えば補償対象となる事故を起こして修理代が30万円だった場合、免責金額を10万円にしていた場合は10万円は自分が自己負担をして残りの20万円を保険会社が支払ってくれます。

もし修理代が8万円だった場合は、保険会社から保険金は支払われません。

免責金額を高くするとその分保険会社が負担する保険金が減るのでその分保険料が安くなります。

免責金額(自己負担額)のパターン保険料(保険期間1年、一括払)
25歳 16等級40歳 20等級
10万円

25,240円

16,310円

5万円

27,060円

18,640円

無料の一括見積もりサービスを使って安い保険会社を選びさらに割引を適用させる(裏技)

子供が運転免許を所得して自動車保険をかける時に他の自動車保険に乗り換えることで大幅に保険料を安くすることができます。

これは無料の自動車保険一括見積もり比較サービスを使って複数の保険会社から保険料の見積もりがでてきて比較ができるので2割〜5割程度保険料を安くすることができます。

この無料の自動車保険一括見積もり比較サービスは大手自動車保険会社に対して完全無料で1回の入力で一括で見積もりができるので

自分の保険の条件で最安となる保険料の自動車保険に加入できます。

知らない人が高い保険料を払っているのが現実で賢い人は上手くこのサービスを利用して節約しています。

武中
完全無料で条件を変えて何度でも見積もりができ、GmailやYahooメールなどの無料のメールアドレスで見積もりができるのでぜひ使ってみてください。驚くほど保険料が安くなるはずです。
タイトルとURLをコピーしました